Sorry,Japanese language only.
行徳雑学館看板

1999年7月25日以来 人目のご訪問者様
いらっしゃいませ。
作者が住んでいる千葉県市川市行徳地区を盛り上げようと、
個人ウェブサイトを通して情報発信をしています。

What's New ,Report and etc.(新着情報、レポート等々)・・2018.12.9
Contents
 
Last update
当サイトについて 当サイトの趣旨、目的、作成・公開の経緯、運営とその方針、リンクについて・・・初めにご一読の上、ご承知置きください。 2012.11.25
生活の部屋
新住民のための行徳生活情報 2017.9.3
謎と不思議の部屋 行徳で生活して気付くさまざまな謎と不思議 2017.11.23
健康の部屋 ・行徳と近辺のウォーキングコース
・行徳と近辺のサイクリングコース
・個人的なダイエット実践記
2015.12.6
食の部屋 ・行徳駅最寄り圏に引っ越し(2016年8月)後に行った店について、その日のブログ日記へのリンク
・南行徳にいた頃のお気に入りの店と行った日のブログ日記へのリンク(2016年1月以降)
行徳海苔関係の情報
市川の梨関係のレポート
2018.12.9
気まま紀行 行徳地域内や周辺、あるいは遠くの関係ある場所に気ままにでかけてみた記録 2011.12.18
イベントレポート 地域の伝統の祭り、その他のイベントのレポート
神社の祭礼
さまざまなイベント
2018.12.9
行徳のアルバム 行徳のさまざまな風景画像
(2000年〜2002年に作ったものです。)
2013.1.20
行徳のアルバム2 行徳地域 伝統の祭りと人々(秋の祭り、夏の祭り)
浦安の祭り(三社祭り)
2015.12.20
行徳のアルバム3 地域の風景画像、いろいろななイベントの画像
2015.12.27
動画ライブラリ 地域の祭礼、イベントの動画/その他、地域関係の動画
(2011年から動画での記録開始)
2018.11.4
近隣ご案内 リンク集です。行徳地域のサイト、隣接地域のサイトを対象としています。 2018.8.12
過去分 総目次 トップページのWhat's New, Report and etc.の過去分総目次です。  
行徳生活日記 ブログです。飲み食いの話が中心になりそうな..  
屋根裏部屋 地域情報以外の個人的な趣味の話、当サイト作者のプロフィールなど  
■ご連絡等あればこちらからメールでお願いします。■

What's New ,Report and etc. (過去分はこちら、同総目次はこちら
ページトップへ戻る
[2018.12.9]

●”冬らしさ”来たる

旧江戸川堤防・湊 今年2018年の夏は危険なほど暑いという状況になり、季節が進んでも本格的な冬の寒さはなかなかやって来ませんでした。
ですが、12月8日(土)、9日(日)の週末、寒波が南下しようやく冬らしい寒さとなりました。それでもやっと平年並みになったということですが、身体が寒さに慣れていないため体調に注意が必要となってきました。
(写真:12月9日(日)正午頃、旧江戸川堤防 湊付近)


[2018.12.1]

●市川塩浜駅開業30年

行徳臨海部の塩浜二丁目にあるJR京葉線の市川塩浜駅が今日12月1日で開業30年となりました。
この駅が開業したのは1988年(昭和63年)12月1日。それまで、西船橋〜千葉みなと間が開通していた京葉線ですが、その日に新木場〜南船橋、市川塩浜〜西船橋、千葉みなと〜蘇我が開通し、同日、市川塩浜駅も開業しました。
(以下の写真は本日12月1日の正午前後に撮影したものです。)

市川塩浜駅北口
市川塩浜駅の北口。
市川塩浜駅南口
こちらは南口。
市川塩浜駅切符売り場
北口から入ったところの切符売り場。自動券売機の向かって右隣にはかつてみどりの窓口があったということですが、現在は閉鎖されています。
市川塩浜駅改札口
改札口です。切符売り場や改札口周りを見回しましたが、開業30年であることを示すポスター、横断幕などはまったく見当たりませんでした。

市川塩浜駅があるのは工業用の地域。一番近い住宅地は行徳駅前通りで千鳥橋を渡ったところの日之出ですが、そこまで約1キロあります。そのため、行徳地域の住民にとって市川塩浜駅と周辺は、日常生活では関わることがあまりない駅であり地域です。

ですが、開業して30年もあればその間にいろいろな変化が見られます。
変化をもたらした大きな要因のひとつは、インターネットの普及でネット社会が発展したことでしょう。駅開業の1988年頃、パソコンは企業にはどんどん導入され、大型機システムの端末機、ワープロ、表計算の用途には使われていました。しかし、まだマウスで画面の矢印を動かす仕組みは普及せず、操作はキーボードを叩くものでした。そのため、個人でパソコンを買うのはマニアの人が中心でした。
その後、1990年代は半ばになるとインターネットが急激に広がり、マウスで操作するパソコンも一般的になり、値段も下がってどんどん広がっていきました。

アマゾン市川フルフィルメントセンター やがてネット通販の企業が生まれ、世界最大手となったアマゾンは日本へ進出したとき、最初の物流センターを行徳臨海部に設けました(場所は市川市浜駅前ではなく、もっと海に近い塩浜一丁目だったとのこと)。
そして、2005年には市川塩浜駅のすぐ近くにさらに大規模な物流センター・・市川フルフィルメントセンター(左写真)が稼働開始しました。このような世界最大手のネット通販企業が大規模物流センターを作ったことは、市川塩浜地区にとって大きなインパクトがあったと思われます。
行徳臨海部は高速道路経由で成田空港、羽田空港、東京と周辺地域へのアクセスがよく、また工場の海外移転なので土地に空きがあったことも要因と考えられますが、その後も大規模な物流センターがいくつも建設されています。そして、ネット通販国内最大手の楽天も2010年、塩浜一丁目に物流センター大手のプロロジスが建設した施設に、初の自社物流拠点を設けました。
(→こちらのコンテンツもご参考に)

東京納品代行東京ベイファッションアリーナ こちらはネット社会とは直接の関係はあまりないと思われますが、アパレル関係の流通大手である東京納品代行(創業が1970年)が2013年に大規模物流センターである東京ベイファッションアリーナを、市川塩浜駅南口の正面に開設しました(左写真)。品質管理スペースやカタログ写真用撮影スタジオも設けた大規模施設ということです(→開設時のニュース記事)。
こうした大規模施設が駅の正面に出来たこともまた、地域にとって大きなインパクトだったでしょう。

このように大規模な施設が駅前に出来たり、ネット社会の新しい企業の物流拠点が進出してきたことは、市川塩浜地区の経済活動を活発化させたと思われます。経済が活発化すれば、その影響のひとつとしてビジネスのための宿泊需要も旺盛になります。すなわち、ビジネスホテル・・古い時代の言葉で言えば”商人宿”が必要となります。さらに、市川塩浜駅の”地の利”として舞浜駅まで2駅であるため、休日に東京ディズニーリゾートの宿泊需要を取り込めるというのが、ビジネスホテル建設時期のニュース等で伝えられていました。
そして、2009年の秋に最初のビジネスホテルが開業しました。

CVS・BAY・HOTEL
市川塩浜駅南口のそばにある青い建物が2009年11月にオープンしたCVS・BAY HOTELの本館です。その後、2015年12月には写真で奥の白い建物ですが新館もオープンしています。
ナイスインホテル市川東京ベイ
市川塩浜駅北口にはマンションの造りの建物が建っていましたが、特に入居者はいないようでした。その建物は、2014年11月ナイスインホテル市川東京ベイとしてオープンしました。

CVS・BAY・HOTEL増築工事の看板 本日、発見したのがCVS・BAY・HOTELの本館と新館の間、駐輪場として使われているエリアに立てられた写真の建設工事の看板です。
見ると、CVS・BAY・HOTELの増築工事とのこと。京葉線高架と道路に挟まれた細長い土地ですが、増築されるホテルの建物は10階建てということです。そうした大きな建物を建てるということは、市川塩浜エリアでのビジネス宿泊需要が相当に大きくなっていることを示すものと考えられます。
なお、着工予定は2019年4月1日で、完了予定は2020年5月31日とのこと。

さて、市川塩浜駅は東京方面とは直結されていますが、行徳地区の各エリアとのアクセスはどうなっているでしょうか。(左写真は市川塩浜駅のバス乗り場)
最初に市川塩浜駅に発着するようになったバスの運行系統は、情報がないので当サイト作者の記憶によりますが、本八幡から妙典駅そばの富浜を経由して市川塩浜までのものでした。これは後に妙典駅(朝の時間のみ富浜発着)と市川塩浜駅間に短縮されています。
その後は、浦安駅から(南行徳駅へは寄らず)新井三丁目、南行徳三丁目を経由して市川塩浜駅を結ぶ系統も開設されました。この系統は現在は南行徳駅を経由するようになっています。
これらに加え、現在はまだ本数こそ多くはありませんが、行徳駅と市川塩浜駅間の系統、市川塩浜駅からハイタウン塩浜を経由して新浦安駅までの系統も開設されています。
なお、市川塩浜駅に発着する路線バスは京成トランジットバスが運行しています。

行徳地区に住んで都内へ通勤している人間は、当サイト作者も含め、たまに市川塩浜地区へ来ることがあってもだいたい人が少ない休日になります。ですが、多くの事業所があって平日昼間人口は多いため、大きな商業施設こそありませんがコンビニエンスストアは2軒あります。

市川塩浜駅北口のデイリーヤマザキ
ひとつは駅北口そばにあるデイリーヤマザキ。駅開業後、そんなに何年も間を置かずにオープンしていたと記憶しています。
市川塩浜駅南口のローソン
もう1軒は南口側、CVS・BAY・HOTEL1階にあるローソン。

行徳警察署 市川塩浜駅前は住宅地域から遠いこともあってか、公共施設はありませんでした。そうした中、駅の開業後30年間に出来た公共施設といえば、写真の千葉県警行徳警察署。駅の北口を出て、湾岸道路の手前にあります。
開署は駅の開業から7年目の1995年でした。

駅南側親水エリアの工事 駅の南側、線路と海に挟まれたエリアは未利用になっている土地があって、三番瀬まつりのような地域イベントに使われていました。
このエリアは現在、市川市により市街地にするための区画整理工事が行われています。
これが完成すれば、工業のみだった市川塩浜駅周辺の印象が大きく変わることと思われます。


[2018.11.25]

●まもなく解体開始へ・・行徳野鳥観察舎

行徳野鳥観察舎は耐震診断の結果、大地震の際に倒壊の恐れがあるということで2015年12月28日から無期限休館となりました(→2015年12月27日レポート)。
そして、今年2018年の4月に正式に廃館になり、まもなく解体工事が始まります。福栄公園側から野鳥観察舎へ通じる遊歩道はこの11月29日(木)から通行止めになるとのことなので、在りし日の最後の姿を記録しておこうと今日11月25日(日)に行ってきました。

福栄公園側入口
新浜通りで福栄公園のところを入っていった野鳥の楽園入口です。通行止予告の看板が立てられています。
通行止予告の看板
通行止めは平成30年(2018年)11月29日から平成31年(2019年)3月下旬までとのこと。この入口から野鳥観察舎前までが通行止めです。

本日2018年11月25日(日)の野鳥観察舎の姿です。

野鳥観察舎玄関側
玄関側から
玄関脇の施設名板
玄関脇の施設名称板
観察舎の2階と3階
観察舎の2階と3階
野鳥の楽園干潟側
建物の野鳥の楽園干潟側
野鳥の楽園干潟側1階
野鳥の楽園干潟側1階
野鳥病院側から
野鳥病院側からの野鳥観察舎

野鳥病院
観察舎に隣接する野鳥病院は、今後も千葉県により運営が継続されるとのことです。
南行徳駅前通り塩浜橋脇からの遊歩道
解体工事中も、遊歩道の南行徳駅前通り塩浜橋脇から野鳥病院付近までは通行止の範囲外のため、通行可能です。
なお、野鳥観察舎解体後の跡地には市川市が新たな観察施設の建設を進めるということです。

●更新情報

食の部屋をリニューアルしました。

当サイト作者は2016年夏に南行徳駅最寄り圏から行徳駅最寄り圏へ引っ越しています。南行徳にいた頃はお気に入りの店を中心に行き、そうした店を「食の部屋」で紹介していました。
行徳駅最寄り圏に引っ越すと、さすがに行徳地域で最初に開業した駅周辺は南行徳よりもずっと店が多いため、特に限定せずにいろんな店へ行ってみるというふうに生活スタイルが変わりました。
そこで「食の部屋」は、店ごとにその店へ行った日のブログの日記(行徳生活日記)へのリンクで構成し、各店へのインデックスとする形にリニューアルしました。


過去のWhat's New ,Report and etc.(同 総目次

2018年10月〜

2018年7月〜9月

2018年4月〜6月

2018年1月〜3月

2017年10月〜12月

2017年7月〜9月

2017年4月〜6月

2017年1月〜3月

2016年10月〜12月

2016年7月〜9月

2016年4月〜6月

2016年1月〜3月

2015年10月〜12月

2015年7月〜9月

2015年4月〜6月

2015年1月〜3月

2014年10月〜12月

2014年7月〜9月

2014年4月〜6月

2014年1月〜3月

2013年10月〜12月

2013年7月〜9月

2013年4月〜6月

2013年1月〜3月

2012年10月〜12月

2012年7月〜9月

2012年4月〜6月

2012年1月〜3月

2011年10月〜12月

2011年7月〜9月

2011年4月〜6月

2011年1月〜3月

2010年10月〜12月

2010年7月〜9月

2010年4月〜6月

2010年1月〜3月

2009年10月〜12月

2009年7月〜9月

2009年4月〜6月

2009年1月〜3月

2008年10月〜12月

2008年7月〜9月

2008年4月〜6月

2008年1月〜3月

2007年10月〜12月

2007年7月〜9月

2007年4月〜6月

2007年1月〜3月

2006年10月〜12月

2006年7月〜9月

2006年4月〜6月

2006年1月〜3月

2005年10月〜12月

2005年7月〜9月

2005年4月〜6月

2005年1月〜3月

2004年10月〜12月

2004年7月〜9月

2004年4月〜6月

2004年1月〜3月

2003年10月〜12月

2003年7月〜9月

2003年4月〜6月

2003年1月〜3月

2002年10月〜12月

2002年7月〜9月

2002年4月〜6月

2002年1月〜3月

2001年10月〜12月

2001年7月〜9月

2001年4月〜6月

2001年1月〜3月

2000年10月〜12月

2000年7月〜9月

2000年4月〜6月

2000年1月〜3月

1999年10月〜12月

1999年7月〜9月