Sorry,Japanese language only.
行徳雑学館看板

1999年7月25日以来 人目のご訪問者様
いらっしゃいませ。
作者が住んでいる千葉県市川市行徳地区を盛り上げようと、
個人ウェブサイトを通して情報発信をしています。

What's New ,Report and etc.(新着情報、レポート等々)・・2020.4.5
Contents
 
Last update
当サイトについて 当サイトの趣旨、目的、作成・公開の経緯、運営とその方針、リンクについて・・・初めにご一読の上、ご承知置きください。 2012.11.25
生活の部屋
新住民のための行徳生活情報 2019.9.4
謎と不思議の部屋 行徳で生活して気付くさまざまな謎と不思議 2017.11.23
健康の部屋 ・行徳と近辺のウォーキングコース
・行徳と近辺のサイクリングコース
・個人的なダイエット実践記
2015.12.6
食の部屋 ・行徳駅最寄り圏に引っ越し(2016年8月)後に行った店について、その日のブログ日記へのリンク
・南行徳にいた頃のお気に入りの店と行った日のブログ日記へのリンク(2016年1月以降)
行徳海苔関係の情報
市川の梨関係のレポート
2020.4.5
気まま紀行 行徳地域内や周辺、あるいは遠くの関係ある場所に気ままにでかけてみた記録 2011.12.18
イベントレポート 地域の伝統の祭り、その他のイベントのレポート
神社の祭礼
さまざまなイベント
2019.12.29
行徳のアルバム 行徳のさまざまな風景画像
(2000年〜2002年に作ったものです。)
2013.1.20
行徳のアルバム2 行徳地域 伝統の祭りと人々(秋の祭り、夏の祭り)
浦安の祭り(三社祭り)
2015.12.20
行徳のアルバム3 地域の風景画像、いろいろななイベントの画像
2015.12.27
動画ライブラリ 地域の祭礼、イベントの動画/その他、地域関係の動画
(2011年から動画での記録開始)
2019.11.3
近隣ご案内 リンク集です。行徳地域のサイト、隣接地域のサイトを対象としています。 2020.3.29
過去分 総目次 トップページのWhat's New, Report and etc.の過去分総目次です。  
行徳生活日記 ブログです。飲み食いの話が中心になりそうな..  
屋根裏部屋 地域情報以外の個人的な趣味の話、当サイト作者のプロフィールなど  
■ご連絡等あればこちらからメールでお願いします。■

What's New ,Report and etc. (過去分はこちら、同総目次はこちら
ページトップへ戻る
[2020.4.5]

●4月の天気は不安定

新型コロナウィルス蔓延のニュースが続き、陰鬱な気分が世の中を覆っています。せめて気候ぐらいは春らしい陽気になってほしいところですが、4月の天気は不安定で気温も乱高下しています。
4月4日(土)、5日(日)の週末も、土曜日は最高気温が20度を超えて春の陽気となりましたが、日曜日は気温も急低下し、昼頃は雨雲が通過しました。

南行徳駅前4月4日午前
春の陽気となった4月4日(土)。午前10時半過ぎの南行徳駅前。
西友行徳店前4月5日
気温が急低下した4月5日(日)。午後1時過ぎ、時雨模様の西友行徳店前。


[2020.3.29]

●桜と雪

3月29日(日)は南岸低気圧の通過で真冬のような寒の戻りとなり、さらに午前中は雪が降って芝生や植込み、車の上などにうっすらと積もりました。

2月頃から広がってきた新型コロナウィルスですが、東京都では3月23日の週半ばから新たに感染が確認される人数が急増しました。1週間前の春分の日の連休は都内の桜の名所がかなりの人出になったということで、報道等でも自粛疲れによる緩みが指摘されています。そしてこの土日は、東京都および隣接県の知事が不要不急の外出自粛を要請する事態となりました。特に人が密な状態になるのが危険だということで、桜の見頃ですが花見も自粛することが求められています。
そうした要請があってもどこ吹く風で、桜の下の宴会をやってしまう人はいるでしょうから、結果的にこの荒天が花見宴会を抑止することになりました。
(写真:3月29日(日)午前11時半頃の行徳駅前公園)

行徳駅前公園の桜
行徳駅前公園の桜


[2020.3.15]

●行徳橋の架け替え完了

架け替え工事が行われてきた江戸川放水路の新しい行徳橋が完成し、3月10日(火)の午前5時から供用が始まりました。
行徳橋は大正時代に江戸川放水路が建設された後、作られた橋で、

  • 大正10年(1921年) 初代の行徳橋が完成。木橋。大正11年3月18日、祝賀式。
  • 昭和32年(1957年) 3月、二代目の行徳橋と可動堰竣工(東洋一のローリングダム式)。
(「明解行徳の歴史大事典」鈴木和明著 文芸社 より)
ですので、今回完成した橋で三代目ということになります。
(以下の写真は3月15日(日)午前11時台に撮影)
3代目の行徳橋(上流側から)
まずは行徳側(橋の南詰側)から撮影。これは上流側からみた三代目の行徳橋。
3代目の行徳橋とこれまでの2代目行徳橋
左が新しく完成した三代目の行徳橋。右がこれまで使われてきた二代目の行徳橋。また新しい橋は高さも少し高くなっています。
3代目行徳橋の歩道
新しい橋の歩道はこれまでの橋と比べてずっと広くなっています。またこれまでの二代目の橋では歩道は上流側にありましたが、新しい三代目の橋では下流側になっています。
柵で通行止の2代目行徳橋
すでに通行止になったこれまでの二代目行徳橋。

三代目の行徳橋がこれまでの上流側に架けられたことで、二代目の橋の狭い歩道からはゆっくり見ることが難しかった放水路の可動堰を観察することができるようになりました。

江戸川放水路可動堰の建造物
二代目行徳橋のそばにある可動堰を動かす建物。
江戸川放水路可動堰建造物の内部
上流側からだとガラス窓を通して内部の滑車やワイヤーといったメカニズムを見ることができます。

橋自体は完成しましたが、橋への取り付け部分はまだ工事が継続されているところがあります。
橋の南詰側は三代目の橋へのルートにまだ土地の買収が終わっていない箇所があるということで、暫定的なルートになっています。

行徳橋南詰のS字カーブ
土地の買収が終わった部分を使って新しい橋への暫定ルートが作られましたが、急なS字カーブとなっています。
行徳橋南詰側の未完了部分
写真の盛り土の部分が本来のルートでその一部がまだ買収が終わっていないとのこと。このルートだともっと緩やかなS字カーブになるわけですが、まだしばらく時間がかかるものと思われます。

橋の北詰側は今の時点では本八幡方面にしか曲がることができない状態で、原木中山、船橋方面へは向かうことができず、しかも通行止となっています。(堤防下を通る道が迂回ルート)

行徳橋北詰側
左へカーブしてその先は本八幡方向。ですが、まだ工事中の信号機が設置されています。
行徳橋北詰側県道のかさ上げ工事
新しい橋はこれまでの橋より少し高さがあるので、接続する県道のかさ上げ工事が行われていました。工事現場の案内板などを見ると、4月下旬に完了予定とのこと。その時点で、従来と同様の橋の北詰でT字路の形になる模様です。


過去のWhat's New ,Report and etc.(同 総目次

2020年1月〜

2019年10月〜12月

2019年7月〜9月

2019年4月〜6月

2019年1月〜3月

2018年10月〜12月

2018年7月〜9月

2018年4月〜6月

2018年1月〜3月

2017年10月〜12月

2017年7月〜9月

2017年4月〜6月

2017年1月〜3月

2016年10月〜12月

2016年7月〜9月

2016年4月〜6月

2016年1月〜3月

2015年10月〜12月

2015年7月〜9月

2015年4月〜6月

2015年1月〜3月

2014年10月〜12月

2014年7月〜9月

2014年4月〜6月

2014年1月〜3月

2013年10月〜12月

2013年7月〜9月

2013年4月〜6月

2013年1月〜3月

2012年10月〜12月

2012年7月〜9月

2012年4月〜6月

2012年1月〜3月

2011年10月〜12月

2011年7月〜9月

2011年4月〜6月

2011年1月〜3月

2010年10月〜12月

2010年7月〜9月

2010年4月〜6月

2010年1月〜3月

2009年10月〜12月

2009年7月〜9月

2009年4月〜6月

2009年1月〜3月

2008年10月〜12月

2008年7月〜9月

2008年4月〜6月

2008年1月〜3月

2007年10月〜12月

2007年7月〜9月

2007年4月〜6月

2007年1月〜3月

2006年10月〜12月

2006年7月〜9月

2006年4月〜6月

2006年1月〜3月

2005年10月〜12月

2005年7月〜9月

2005年4月〜6月

2005年1月〜3月

2004年10月〜12月

2004年7月〜9月

2004年4月〜6月

2004年1月〜3月

2003年10月〜12月

2003年7月〜9月

2003年4月〜6月

2003年1月〜3月

2002年10月〜12月

2002年7月〜9月

2002年4月〜6月

2002年1月〜3月

2001年10月〜12月

2001年7月〜9月

2001年4月〜6月

2001年1月〜3月

2000年10月〜12月

2000年7月〜9月

2000年4月〜6月

2000年1月〜3月

1999年10月〜12月

1999年7月〜9月