玄関へ

What's NEW, Report and etc.
2020年10月〜


[2020.10.25]

●久々の土日すっきり晴れ

旧江戸川押切付近 今年は梅雨も長く、猛暑も長く、その上、秋雨もいったんは終わったかと思ったものの、10月中旬過ぎまで雨の日が多くありました。そうした異例な状態が続きましたが、10月24日(土)、25日(日)はおそらくは8月以来、久しぶりに土日ともすっきり晴れた週末となりました。
(写真:押切付近からの旧江戸川 10月25日(日)正午過ぎ)


[2020.10.18]

●更新情報

行徳のアルバム2行徳のアルバム3はFlash Playerを利用したフリーのアルバムを使っていましたが、HTMLで書いたWebページに変更しました。

  • アドビ社のFlash Playerはパフォーマンス、セキュリティ上の脆弱性などの問題があるということで今年2020年末でサポートが終了する予定です。そのため当サイトの他のページと同様のHTMLで書いたページに移行しました。
  • アルバムの更新は、神社の祭礼や主要なイベント(行徳まつり、回遊展)は2015年分まで、その他のものは2007年分まで入れてその後、更新が滞っていますが、現時点で入っているものについて移行を行いました。
  • また、最初にアルバム2のほうを作って公開したのは2006年9月ですが、この時点ですでにブロードバンドの普及率は高かったものの、まだナローバンド(モデム経由で加入者回線にダイヤルアップ接続する)環境も考慮すべきと思い、大きい画像(当該フリーのアルバムの仕様で横長画像の最大幅400ピクセル)に加え、小さい画像(幅280ピクセルで圧縮率大)も用意しました。しかし14年経った現在、既に必要性はないと判断し、大きい画像のみ移行しています。


[2020.10.11]

●新野鳥観察舎(愛称:あいねすと)のオープン

千葉県立だった前の野鳥観察舎が耐震性の問題で休止となり、そして廃止・解体されたあとに、市川市の施設として建設中だった新しい野鳥観察舎が完成し、10月11日(日)に正式オープンしました。(9月下旬から施設の利用自体は可能となっていたとのこと)
なお、愛称が一般公募され「あいねすと」となっています。
(当サイト作者が訪ねたのは10月11日(日)の正午前後の時間)

新野鳥観察舎
新しい野鳥観察舎とその入口。
入口脇の愛称表示
入口脇の壁に取り付けられた愛称「あいねすと」の文字とその上にシンボルマーク。
新野鳥観察舎内のカフェ
中へ入って進んだところに設けられたカフェ。
1階観察スペース
1階の観察スペース。新型コロナウィルス感染対策で椅子は一つおきに使用禁止となっていました。
壁のパネル展示
館内の壁部分の多くにパネル展示が行われていました。野鳥、自然だけでなく行徳地域の歴史に関するものもありました。
2階観察スペース
2階の観察スペース。使用可能な席がほぼ埋まるぐらいの人が来ていました。
2階観察スペースからの干潟
2階観察スペースからガラス越しに見た干潟。前の野鳥観察舎が休止になって以来、久々に高い位置から眺めることができるようになりました。
中庭
新しい野鳥観察舎は上から見ると「8」を横にした、すなわち無限大の記号の形です。その一つの円弧内は中庭なっています(2階から)。


●静かな祭礼

今年は新型コロナウィルス感染対策のため大祭が予定されていた地域はいずれも中止・延期となっています。ですが、祭礼として神事だけは行われている模様です。
大祭が延期になったうち新井の熊野神社へ行ってみると、社殿に祭礼のときの幕が施されていました。街頭の自治会掲示板には神事についての掲示はありませんでしたが、社務所には神事の装束を着た氏子の代表の人たちの姿がありました。
当サイト作者が訪ねたのは10月11日(日)の午後1時頃ですが、神事はまだ始まる前か、あるいはもう終わったあとだったかもしれません。

新井熊野神社の正面から
新井熊野神社の正面から。
新井熊野神社の社殿
幕が施された社殿。


[2020.10.4]

●秋空のもと

前の日曜日は秋雨シーズンが終わりそうな天気でしたが、翌月曜日には見事に秋の青空が広がりました。
南行徳公園グラウンド とはいえ、秋の天気は周期変化。10月最初の週末の3日(土)、4日(日)はすっきりした晴天はならず、日が差したのは土曜の午前、そして写真の日曜日の昼頃だけでした。また、10月初めは日が差すと気温が上がります。土日とも最高気温は25度超の夏日でした。
(写真:10月4日(日)午後0時半頃の南行徳公園)


2020年7月〜9月分へ

玄関へ