玄関へ

What's NEW, Report and etc.
2018年10月〜


[2018.11.10]

●行徳 回遊展 秋

例年、3月に行われてきた寺のまち回遊展は、今年は旧浅子神輿店を改修した施設(行徳ふれあい伝承館)が当初6月オープン予定だったため、それと合わせて行う予定でしたが、施設のオープンが7月に延期となった関係で中止となりました。その代替のイベントということなのでしょう、11月10日(土)に本行徳から関ヶ島にかけての行徳街道と権現みち沿いを回遊エリアとする「行徳 回遊展 秋」が行われました。
開催時間は12時〜19時。大部分の回遊スポットで17時からライトアップが行われました。これは11月11日が「介護の日」であることにちなんだ、障子紙とLEDライトによる手作り行灯を並べたライトアップということです。
当サイト作者は15時過ぎから各回遊スポットを回り、17時からのライトアップも見てきました。なお、回り始めた時間が遅めだったので、各回遊スポットでのイベントはほとんど終了していました。

本行徳一丁目豊受太神宮
本行徳一丁目の豊受太神宮では、行徳五ヶ町の例大祭で使われる神輿の展示が行われました。
本行徳一丁目豊受太神宮ライトアップ
本行徳一丁目豊受太神宮のライトアップ。
長松禅寺
長松禅寺では座禅体験が行われたとのこと。また、これまでの回遊展でもありましたが、虚無僧による尺八演奏が行われていました。
長松禅寺ライトアップ
長松禅寺のライトアップ。
妙覚寺
妙覚寺ではからだチェックとノルディックウオーキング教室の健康イベントが行われたとのこと。
妙覚寺ライトアップ
妙覚寺のライトアップ。
圓頓寺
圓頓寺では「スマホでまちあるき」イベントの本部が設置されました。(来たときはもう終了してテントを片付け、ライトアップの準備に入ろうとするときでした。)
圓頓寺ライトアップ
圓頓寺のライトアップ。
浄閑寺
浄閑寺では郷土史家 鈴木和明氏の講演が行われたとのこと。
浄閑寺ライトアップ
浄閑寺のライトアップ。
田中や
行徳街道沿いの旧家 田中やでは陶芸展が行われていました。
田中やライトアップ
田中やのライトアップ。
本久寺
本久寺では写経体験と住職のお話が行われたとのこと。
本久寺ライトアップ
本久寺のライトアップ。
加藤邸
行徳街道沿いの旧家で、国の有形文化財に指定されている加藤邸は初めての内部公開が行われました。
加藤邸ライトアップ
加藤邸のライトアップは母屋脇の駐車場スペースで行われました。
徳蔵寺
関ヶ島の徳蔵寺は境内でのライトアップのみでした。なお、山門には祭りの行灯が掲げられていました。(10月の関ヶ島胡録神社例大祭のとき、行徳街道から神社への道に入口に取り付けられたものとは違うものでした。)
徳蔵寺ライトアップ
徳蔵寺のライトアップ。
行徳ふれあい伝承館
7月にオープンした行徳ふれあい伝承館と休憩所も回遊スポットのひとつになっていました。行徳の塩づくり展示が行われたとのこと。(なお、ライトアップはなし)
行徳ふれあい伝承館の休憩所
こちらが行徳ふれあい伝承館の休憩所。お囃子の演奏やうどん作り体験が行われたとのこと。


[2018.11.4]

●妙典まつり

11月4日(日)、第13回となる妙典まつりが妙典駅前広場で行われました。関東・東海は南から湿った空気が入ったため、朝から曇り空となり短い時間、細かい雨が降ったりもしましたが、午後2時頃までは何とか天気はもちました。

妙典駅前広場
会場の妙典駅前広場。
ステージイベント
ステージイベント。
飲食店の模擬店
広場の片側は飲食店の模擬店が並びます。
子どもの遊びの模擬店
もう一方の側は射的、輪投げなど、子供たちの遊びの模擬店。
昨年2017年は上妙典八幡神社の神輿渡御の実演が、妙典まつりで初めて行われました。そして今年はそれに加えて上妙典女性神輿も登場しました(人数が足りない部分だけは男性が補助で入っていました)。さらに下妙典春日神社の雌雄の獅子頭の展示も行われました。
今年は妙典の昔から続く地域とも連携し、妙典まつりが大幅にパワーアップしたという印象でした。
渡御用の神輿
中央が渡御に使われる上妙典の神輿。左が女性神輿用の妙典タウンセンター保有の神輿。そして右が子ども神輿用の小さい神輿。
下妙典の獅子頭
下妙典の雌雄の獅子頭。
女性神輿
正午から女性神輿の渡御が始まりました。行徳神輿の伝統に則り白装束の担ぎ手による渡御でした。
女性神輿の行徳揉み-地すり
そして、行徳揉みも行われました。まずは地すり。
女性神輿の行徳揉み-差し
次に差し。
女性神輿の行徳揉み-放り受け
最後に放り受け。
子ども神輿
第1回の妙典まつりから行われている子ども神輿です。女性神輿のあと午後12時40分からスタート。
太鼓の山車
続いて子供たちが牽く太鼓の山車。神輿と一緒に駅前広場を一周しました。
上妙典の神輿-差し
午後1時から上妙典の神輿の渡御です。馬(神輿を置く台)から上げて先ず上妙典流の行徳揉み。最初に差し。
上妙典の神輿-差し
次に地すり。上妙典の神輿はあまりに重量級で放り受けができないので、行徳揉みは差しと地すりのみ。
上妙典八幡神社の提灯
進行するときは上妙典八幡神社の提灯が先導。
上妙典の神輿
駅前広場を進む上妙典の神輿。
女性神輿と上妙典の神輿
女性神輿も再び渡御を始め、上妙典神輿のあとに続き行徳揉みも行いました。手前の女性神輿が地すり。向こうの上妙典神輿は差し。
女性神輿と上妙典の神輿
今度は女性神輿のほうが差し。向こうの上妙典神輿が地すり。
動画 12分40秒(YouTubeへUP)


[2018.10.14]

●下妙典(妙典三丁目)春日神社の例大祭

3年に一度の下妙典(妙典三丁目)春日神社の例大祭が行われました。10月13日(土)が宵宮、14日(日)が本祭です。本祭は獅子の渡御が行われますが、前夜遅い時間に雨となりました。でもさいわい朝には止んで、日はわずかに差したぐらいですが明るめの曇り空となりました。

春日神社で獅子
渡御の開始を待つ雌雄二基の獅子。
春日神社前で揉み
渡御が始まり春日神社を出たところで、神社の方を向いて揉みが行われました。これは放り受け。
お囃子の山車を先頭に進む
一旦、上妙典(妙典一、二丁目)との境界まで行って手打ち式を行ったあと、本格的に渡御開始です。お囃子の山車を先頭に進みます。
雌の獅子
頭の丸いほうが雌の獅子。
雄の獅子
そして、頭がとんがっているほうが雄の獅子。
胴幕をあおる
獅子が進むときは胴幕を伸ばしてあおります。あおるのは子供たちですが、ここでも少子化の影響か子供たちが加わったのは雌の獅子だけで、雄のほうは白装束の担ぎ手たちがあおっていました。
地すり
妙典三丁目の新しい住宅地で揉み。これは地すり。行徳揉みで神輿の地すりは水平を保って回しますが、妙典の獅子は上下に揺さぶりながら回します。
妙典中央通り
住宅地で休憩のあと、妙典中央通りへ入り妙典イオンのほうへ向かいます。
イオンの建物の間
3年前の前回は、イオンや妙典駅のほうへは行かない予定でしたが、獅子の担ぎ手たちがどんどん進んで行ってしまいました。今回はイオンの建物間のT字路のところまで行って揉みを行い、折り返すという渡御ルートでした。
獅子を止めるロープ
これまで獅子が駅前広場を歩き回ったり、駅構内に入ったりすることに苦情がかなりあったようで、前回から駅前広場や駅のほうへ行かないことになりましたが獅子を止めることができませんでした。今回は関係者がロープを張って駅前広場への道に入ろうとする獅子を食い止めていました。
動画 6分12秒(YouTubeへUP)


[2018.10.7]

秋の祭礼の季節となり、10月6日(土)、7日(日)に2つの地域で例大祭が行われました。
またとない晴天となったものの、6日(土)に日本海を進んだ台風が南の暖かい空気が吹き込み、7日(日)の関東南部は30度超の真夏日となった中での祭礼となりました。

●押切稲荷神社の例大祭

押切稲荷神社鳥居前 押切の例大祭は4年に1度ですが、2014年の前回は諸事情により行われず、今回が2010年以来8年ぶりとなりました。
そして、その間に稲荷神社境内にある自治会館の建替えが行われ、新しい会館で初の宵宮の演芸大会が行われました。

押切の神輿
押切はこれまで大人用の神輿を所有していなかったのですが、廃業した関ヶ島の後藤神輿から寄贈を受けたとのこと(行徳新聞より)。これがその神輿。
演芸大会の民謡
新しい自治会館を舞台に行われた奉納演芸大会。これは民謡。
境内で行徳揉み
7日の本祭。まずは神社境内で行徳揉みが行われました。これは差し。
行徳街道
行徳街道へ出て進む神輿。
行徳街道で地すり
行徳街道での行徳揉み。これは地すり。
行徳街道で地すり
行徳各地域の祭礼を見てきましたが、押切の地すりが最も限界まで神輿を下げていると思えました。
行徳街道で差し
そして、差し。
行徳街道で放り受け
行徳揉みの一連の動きの最後は放り受け。
子供神輿
こちらは子供神輿。
太鼓の山車
そして、太鼓の山車。
動画 9分39秒(YouTubeへUP)


●関ヶ島胡録神社の例大祭

関ヶ島胡録神社鳥居前 3年に一度の関ヶ島の例大祭ですが、予定だった昨年2017年は諸事情により陰祭りとなりました。そして今年が2014年以来4年ぶりの例大祭です。

行徳街道
行徳街道を進む神輿。
鍵型街道のところで差し
進みながら要所要所で行徳揉みを行います。道が鍵型になったところ(鍵の手、曲の手etc.と呼ばれるところ)で差し。
行徳ふれあい伝承館前で地すり
今年、オープンした行徳ふれあい伝承館(旧浅子神輿店)の前でも揉みを行いました。これは地すり。
行徳ふれあい伝承館前で差し
そして、差し。
旧江戸川沿い常夜燈をバックに
本行徳四丁目へ少し入り、常夜燈の前を通って旧江戸川沿いへ。
旧江戸川沿い
旧江戸川沿いで伊勢宿との境界まで来て昼休み前の最後の揉み。これは放り受け。
子供神輿
関ヶ島は大小二基の子供神輿があります。こちらは上の年齢の子供向けで、大人用神輿と同じ造りの小さいもの。
花神輿
そして、小さい年齢の子供向けの花神輿。
妙典囃子保存會
お囃子は妙典囃子保存會が担当。
妙典囃子保存會
旧江戸川沿いに出たときですが、笛や太鼓だけでなくお面を付けての踊りも行われました。
動画 5分22秒(YouTubeへUP)


2018年7月〜9月分へ

玄関へ