玄関へ

What's NEW, Report and etc.
2018年1月〜


[2018.3.4]

●陽気のいい日

南行徳三丁目 3月1日(木)に低気圧の通過で暖かい南風が入り、気温も20度ぐらいまで急上昇しました。そして週末にもまた気温が上昇し、3月3日(土)で最高気温15度程度、4日(日)は20度超と、すっかり春の陽気となりました。
とはいえ、三寒四温の変化をする春の気候です。週半ばには再び冬の寒さが戻ってくる予報が出ています。まだまだ油断はできません。
(写真:3月3日(土)13時頃、南行徳三丁目で)


[2018.2.25]

●寒暖の攻防

妙典駅前広場 春は徐々に近づいてきているようですが、今はまだ最高気温10度を挟んで寒さと暖かさが攻防を繰り広げている状態です。
2月24日(土)、25日(日)の週末も、土曜日は晴れて最高気温が14度から15度程度に達し、ポカポカ陽気となりました。しかし、日曜日は一転してどんよりとした曇り空で、最高気温も10度に達しない寒い日でした。街を行く人たちもまだまだ冬の装いです。
(写真:2月25日(日)14時頃、妙典センタービル2階から妙典駅前広場)


[2018.2.11]

●春の前兆

2月10日(土)、11日(日)の南関東は低気圧の通過で温かい空気が流れ込んだようで、季節が1ヶ月ぐらい進んだかのような陽気となりました。
11日(日)の昼間は雲が多かったとはいえ、気温は高め。公園などには人の姿も多くなっていました。
だけどこの暖かさも日曜日までで、すぐに冬の寒さが戻ってくるということです。

福栄公園
福栄公園
野鳥の楽園遊歩道
野鳥の楽園遊歩道


[2018.2.4]

●午後5時の青空

行徳駅前 2月3日が節分で2月4日が立春です。冬至の頃は午後5時で真っ暗でしたが、徐々に日が長くなり今は午後5時でも明るい空を見ることができるようになりました。
といっても、すぐに春の暖かさが来るわけではなく、まだまだ寒い日が続くようです。
(写真は2月3日(土)午後5時頃の行徳駅前)


[2018.1.27]

●冬の海

先週の大寒のあと、東京と周辺で40数年ぶりの最低気温を記録するような強烈な寒波が襲来しました。
塩浜一丁目から海 その寒さがまだ残る1月20日の土曜日ですが北風が強いものの晴天だったので、しばらくご無沙汰していた行徳臨海部へ行ってみようと思っていたのを実行しました。
冬晴れの空を映す青い海を期待していましたが、風がある程度は強いため水面は細かく波立っていて空の青さは映っていませんでした。

建て直された漁協の建物 久しぶりの臨海部ですが他にも変化がありました。漁港のそばの漁協の建物は東日本大震災のときの液状化で土台ごと傾いた状態になっていましたが、その建物は取り壊されたらしく、プレハブとおぼしき新しい建物が水平の状態で建てられていました。


[2018.1.20]

●大寒の日

二十四節気の一つである大寒は今年は1月20日(土)です。
1年で一番寒い日ということですが、必ずしも実際の気候がそうなるわけではありません。今年は1週間程度前に一つ寒波が襲来したあと、来週に次の寒波が来る前の一段落した時期となりました。でも、大寒の日は快晴にはならず雲が多めで寒い日でした。
次の2枚の写真は1月20日(土)午後2時頃の南行徳公園。

南行徳公園築山から
公園内の築山から見たようす。風は穏やかだったですが、やはり日差しがないためか人の姿はあまり多くありませんでした。
南行徳公園グラウンド
一方、公園のグラウンドからは少年野球チームが練習する声が聞こえてきました。


[2018.1.7]

●寒の入り

1月5日(金)が小寒で、これからが1年で一番寒い時期となる”寒の入り”です。

下の2枚の写真はどちらも下妙典(妙典三丁目)の春日神社。
かつてはイチョウが黄色く色付くのは11月でしたが、温暖化のためか、あるいは都市部ではヒートアイランドの効果か、イチョウの紅葉はいつの間にか師走の風景となっています。
とはいえ、12月上旬に黄色くなっていたイチョウの葉もすっかり散って、寒の入りの今は冬らしい姿になっていました。

下妙典春日神社2017年12月3日
12月3日
下妙典春日神社2018年1月6日
1月6日


2017年10月〜12月分へ

玄関へ