玄関へ

What's NEW, Report and etc.
2021年7月〜


[2021.8.15]

●8月の前線停滞

南行徳駅北口広場 8月の中旬になりましたが、梅雨が戻ってきたか、はたまた秋雨前線が早々と来たかのように日本列島に前線が停滞し、夏らしい天気はどこかへ行ってしまいました。テレビを見ると列島各地で豪雨による災害が伝えられています。
関東南部は14日(土)は強い雨は降りませんでした。15日(日)は市川市に土砂災害や河川洪水、大雨の警報が出ましたが、さいわいなことに家から外を見ている限り、夜まで極端な豪雨などはありませんでした。
(写真:8月14日(土)午後1時半頃 南行徳駅北口広場)


[2021.8.7]

●立秋と台風

弁天公園 今日8月7日(土)は今年の立秋です。
ちょうどそのタイミングで台風10号が接近していて、関東は明日8日の朝が最接近の見込みです。そして今日もすでに影響が出ていて、朝から日が差したと思ったら雨雲の通過で強い雨が降るという不安定な天気でした。
写真は午後12時半頃の行徳駅前二丁目の弁天公園。午前中の雨で地面はまだ濡れていますが、この時間には再び日が差していました。


[2021.7.25]

●夏空を映して

千鳥橋から市川水路 関東の梅雨明けは7月16日(金)に発表されました。そして猛暑が続いています。
7月24日の土曜日、行徳駅前通りの千鳥橋へ行くと市川水路には大きく伸びた入道雲が映っていました。いかにも夏らしい空です。
梅雨明け10日の暑さが続いてきましたが、それも過ぎる週明けは台風の接近が予想されています。そして週間予報には曇りや雨のマークが多くなってきました。これはもしかしたら戻り梅雨になるかもしれません。
(写真:7月24日(土)正午前 行徳駅前通り千鳥橋から日之出方向)


[2021.7.11]

●湊新田・胡録神社の祭礼

行徳地域の夏の祭礼で湊・水神宮に続く2つめは湊新田・胡録神社の祭礼です。こちらもコロナ禍が続いているため、昨年と同様の特別な形で行われました。
毎年、祭礼が行われてきた7月14日とその手前の日曜日(今年は7月11日)の10時から16時まで、本殿が開扉されお参り可能となります。また神官による海苔と奏上が行われるとのことです。
境内と隣接する胡録公園、行徳駅前公園までの道路への露店(屋台)の出店、および沿道の店の店頭販売は昨年同様に中止となりました。
当サイト作者は7月11日(日)の午前11時半頃にお参りしてきました。

胡録神社前
露店はありませんが、境内には通常の祭礼のときと同様に自治会テントが設営されていました。
胡録神社鳥居と参道
胡録神社の鳥居越しに見た参道。
胡録神社本殿
開扉された本殿。昨年は自治会館で行われていた笹団子の配布は、今年は写真で本殿左に見えるテントで行われていました。
胡録神社神輿蔵
本殿向かって左にある神輿蔵も開扉され、湊新田の町神輿が姿を見せていました。


[2021.7.4]

●雨が続く

雨が続きます。7月2日(金)から3日(土)の朝にかけては東海から関東の太平洋側地域で梅雨末期の大雨が続き、熱海では土石流による災害も発生しました。4日(日)は再びシトシトと雨が降る天気になっています。
地域の梅雨風景を写そうと4日(日)の昼前、野鳥の楽園のほうへ行ってきました。
(写真:午前11時頃撮影)

野鳥観察舎
野鳥観察舎”あいねすと”。今は開館しています。
野鳥観察舎前からの干潟
野鳥観察舎前からの野鳥の楽園の干潟。


2021年4月〜6月分へ

玄関へ