玄関へ

What's NEW, Report and etc.
2017年4月〜


[2017.5.21]

●行徳橋架け替え工事の今

江戸川放水路に架かる行徳街道(旧道)の行徳橋は、すでに2年程度前から架け替え工事が始まっています。今はどんな様子なのか、5月21日(日)に見に行ってきました。

行徳橋架け替え工事 新しい橋は現在の橋の少し上流側に作られています。
堤防そばと河川敷の橋脚はすでに出来上がっていました。
現在は川の中に設置される橋脚部分の工事が行われているところです。

完成時期ですがネットで検索しても確実な情報はありませんでした。工事は状況によって遅れたりすることもあるでしょうから、あと2年、3年はかかるだろうと思われます。

当サイト作者としてはもう一つ気になる場所も見てきました。2000年の9月初めにUPした、
謎と不思議の部屋坂道の気になる風景
で取り上げていますが、行徳橋(江戸川放水路の堤防の高さ)へ上っていく道の途中にある、2階部分が出入り口になっている2軒の家のことです。

行徳橋へ上っていく坂 坂の手前で見ると、2軒の家のうち手前側の1軒はそのまま残っていましたが、橋に近いほうのもう1軒はすでに姿を消していました。



江戸川放水路堤防から行徳側 江戸川放水路の堤防へ上って見てみると、橋に近い側にあった家から橋へ上っていく道へ出る部分の、鉄骨の骨組みだけが残っている状態でした。この鉄骨も工事の進捗とともに姿を消すのでしょう。

架け替え後の行徳橋は今より少し上流側になるので、行徳街道はこの写真で奥に写った家を過ぎたあたりから、S字にカーブして新しい行徳橋へつながることになると思われます。


ちなみに2000年頃の行徳橋へ上っていく道の風景はこんな感じでした。(以下の3枚はいずれも2000年8月12日撮影)

坂の途中(手前側)の家 上の写真で現時点でも残っている家です。
橋へ上っていく道の歩道に面した側にシャッターが降りているので、かつては何かの店だったと思われます。でも、2000年の時点で看板などもなく、かなり前に閉店した様子でした。

坂の途中(橋に近い側)にあった家 こちらがもっと行徳橋に近い側にあった、同じような造りの家です。場所は、行徳橋南詰バス停のそばでした。
農業かあるいは園芸向けに苗や種、肥料などを売っている店で、2000年時点では営業していました。

この写真の右端に少しだけ写っているのが行徳橋交番です。この交番も現時点で姿を消しています。

坂の途中(橋に近い側)にあった家を下から 行徳橋へ上っていく道に沿って下を細い道が通っていますが、2軒の家とも橋への道の歩道に突き出した部分の下をくぐれる構造になっています。
これはすでに姿を消した、行徳橋に近い側にあった家の下をくぐる部分。

地域の風景も年月とともに姿が変わっていくものです。


[2017.5.7]

●連休の放水路

今年2017年のゴールデンウィークの連休も、今日5月7日(日)で終わりです。昼頃、連休最終日のようすはどんなだろうと、江戸川放水路のあたりへ行ってきました。

妙典公園
しおみばしから見た妙典公園の放水路側。野外バーベキューで賑わっていました。
江戸川放水路脇
放水路にはハゼ釣りなどの舟は出ていませんでしたが、川のそばにも休日を過ごす人々の姿がありました。


[2017.4.23]

●新緑風景

桜が散ってしまえば次は新緑が眩しくなってくる季節です。快晴になった4月23日の日曜日、新緑の風景を写してきました。

野鳥の楽園遊歩道
野鳥の楽園の遊歩道で
福栄いこいの広場入口
福栄いこいの広場の入口で


[2017.4.8]

●2017年の桜

2017年の桜は花見で人が繰り出す休日では4月8日(土)、9日(日)がちょうど見頃となりました。しかし、8日の土曜日は弱い雨が降ったりやんだりの天気。9日の日曜も雨がちという予報です。
そんな天気で、また当サイト作者も今回はあまり時間がないため、8日(土)の昼過ぎ、雨が止んだ合間に限られた場所を回って桜を写してきました。

行徳駅前公園
行徳駅前公園
新浜小学校
行徳駅前四丁目の新浜小学校
中江川
中江川
東浜公園
入船の東浜公園


2017年1月〜3月分へ

玄関へ