玄関へ

What's NEW, Report and etc.
2018年7月〜


[2018.7.15]

●湊新田・胡録神社の祭礼

毎年7月14日恒例の湊新田・胡録神社の祭礼が今年も行われました。
数年ぶりに7月14日が土曜日と重なりましたが、この週末は全国の広い範囲で猛暑となり、テレビのトップニュースでも暑さと熱中症厳重警戒が伝えられるほどでした。祭礼は午後5時から始まりますが、日が落ちた午後6時半頃に出かけました。

行徳駅前公園脇
行徳駅前公園脇で。そこから市川浦安バイパス手前まで約500メートルに渡って屋台が並びます。すでに大賑わいでした。
屋台
道に並ぶ屋台から。
沿道の店の店頭販売
沿道にある店もこの日はほとんどが店頭販売を行います。
警備本部
胡録神社向かいのマンション1階駐車場に毎年設けられる警備本部。
胡録神社正面
胡録神社の正面。
行徳太鼓連の演奏
境内ではお参り待ちの列の横で、行徳太鼓連の演奏が披露されていました。
胡録神社拝殿でお参り
胡録神社の拝殿でのお参り。
胡録公園
神社脇の胡録公園広場にも屋台が並びます。


[2018.7.8]

●街の変化・・2018年7月

今回は街の変化のレポートです。

マルエツ行徳店前のマンション 行徳駅前二丁目、マルエツ行徳店向かいにあった木造の店舗建物が取り壊され、1階が店舗となるマンションの建設が昨年から行われていました。(→2017年8月13日の街の変化レポート
そのマンションはもう完成し、2階以上にはすでに入居が始まっています。1階の店舗区画には、本日時点で開店している店はまだありません。

行徳駅前の京成不動産 今、行徳で「中台」というと神輿の中台製作所が最も知名度が高いですが、他にも「中台」を冠する会社には中台不動産がありました。行徳、南行徳、妙典のそれぞれ駅前に店を持ち、行徳地域での不動産業を営んでいた会社ですが、時代の流れか2018年4月に京成グループに入り、そして2018年7月1日を持って京成不動産と合併となりました。写真は行徳駅前の店ですが、7月1日から京成不動産に変わっています。

旧中台不動産の挨拶ポスター 店舗の外にも中台不動産から京成不動産に変わる挨拶のポスターが貼ってありました。
このポスターと同じ内容のチラシも新聞折り込みで入っていました。


[2018.7.1]

●湊・水神宮の祭礼

2018年は6月29日(金)に観測史上最早という関東・甲信越の梅雨明けが発表されました。
そして夏の暑さとなった6月最終土曜日の30日、恒例の湊・水神宮の祭礼が行われました。

行徳街道の参道入口
行徳街道に設けられる参道入口。
旧江戸川沿い
午後5時半頃ですが、旧江戸川堤防の上も下もすでに大賑わいでした。
堤防へのスロープと階段
これまで水神宮祭礼のときは堤防への上り下りに架設の階段が設けられていましたが、今年からはコンクリート製の常設のものが2ヶ所作られました。ひとつは湊新田寄りの堤防と下の道路の高低差が少ない場所で、片方が階段、もう片方がスロープのもの。
堤防への階段
もう一ヶ所は水神宮側の堤防と下の道路との高低差が大きくなる箇所で、向かって左右とも階段になっているものです。
堤防上の屋台
堤防上には湊の範囲ほぼ一杯に屋台が並びます。
お参りの列
水神宮が近づくと堤防下の道にはお参りの列が始まります。
水神宮でのお参りとお祓い
水神宮でのお参りとお祓い。
水神宮脇のお守り・おみくじ売り場
水神宮のすぐ脇に設けられるお守りとおみくじの売り場。

湊囃子連の演奏披露 お守り・おみくじ売り場のすぐ近くには舞台が設けられ、お囃子の演奏が行われました。演奏しているのは湊囃子連。

湊囃子連は明治6年の設立で市川市内で最も古いとされる囃子保存会でしたが、昭和31年を最後に活動が途絶えたとのこと。その後、約60年経って前回(2016年)の四ヶ村祭礼のあと再結成され、浦安丸音会の指導を受けて練習を重ね、今回の水神宮祭礼でのお披露目になったということです。(「行徳新聞」平成30年6月22日号による)

湊囃子連演奏の動画 1分7秒(YouTubeへUP)


2018年4月〜6月分へ

玄関へ