資料目録へ玄関へ

中華料理


■上海飯店(香取バイパス沿い)

上海飯店マップ アパートの建物の1Fにある中華料理屋で、以前は街の中華屋という雰囲気で(写真)、店内はカウンター席にテーブル席、奥にお座敷となっていました(写真)。
ところが、2010年の春に大改装をして、高級中華料理店ふうの外見になりました(写真)。店内がカウンター席とテーブル席、お座敷というのは同じですが、落ち着いた雰囲気になり(写真)、お座敷は壁の向こうで少人数のときは区切ることもできるようになりました。カウンターの上には熱帯魚が泳ぐ水槽が設置されました(写真)。

以前からメニューは、気軽に食べることが出来る前菜類から本格的な中華レストランの品までありましたが、店が高級店風に変わっても種類、値段はそのままです。値段の高いものも多少は加わっています。
ほとんどの料理に「大皿」と「小皿」があるので、1人でも、2〜3人の少人数でも、料理のバリエーションを楽しめます。ビールや紹興酒を飲みながら、3品くらい食べても、1人で3000円台か4000円ちょっとで足ります。なので、居酒屋的に楽しむこともできます。ちょっと多めに食べるともっと当然、もっとかかりますが。

自分が気軽に歩いていける範囲にある中華料理店では一番おいしい料理が出てくる店なので、付き合いも一番長い店になっています。


■三龍亭(南行徳駅から北-南行徳駅前通り沿い)

三龍亭マップ ここは、ごくふつうの街の中華料理店です(店の写真)。この店は「三龍亭南行徳店」と看板が出ているので、三龍亭はおそらく他にも(行徳地区かどうかは分からないが)あるのでしょう。

店内は壁に向かってのテーブルと、丸テーブルが三卓、と四角いテーブルが一卓という小さい店ですが、こぎれいな中華料理店という感じです。
メニューはラーメン類や、定食類が中心で、中華の定食屋という印象です。
中華料理店は、数多くありますが、こういったタイプの中華料理屋としては、南行徳のあたりで、個人的には、ここが一番いいと思います。
どこがいいかというと、料理が一品一品、ていねいに作られている感じで、どれを食べてもおいしいところでしょうか。だから、中華の定食というと、ぱっと頭に浮かぶのは今のところ、この店です。

チャーハンと鳥の唐揚げセットは、鳥の唐揚げのボリュームがかなりあって、食べ応えがありあます。二品定食というのもいいです。


■餃子王国(南行徳3丁目)

餃子王国マップ イオン南行徳店の南行徳駅方の信号で南行徳駅前通りを渡り、一本西に入った道にある餃子専門のレストランです。メニューにある料理は、本当に餃子と春巻きだけ(あとはアルコールのつまみ類)という店です。

そして、その餃子は水餃子がメイン。もちろん、焼き餃子もありますが、やはり、水餃子のほうが、食材を味わいにはいいと思えます。
そして、ニンニクも使っていないし、薄く味が付いているので、たれを付けずにそのまま食べても十分にいけます。僕も、初めて行ったとき、メニューにそう書いているのを見て、何も付けずに食べておいしいだろうかと思いつつ、一度試してみると、確かにそのほうがじっくりと味わうにはいいと思いました。

餃子は、中に入れる素材でいろいろな種類があって、メニューにはそれらの単品もありますし、また、何種類かの餃子と春巻きを盛り合わせたセットメニューも、分量の多少でいくつかの種類があります。

[関連レポート:2000年4月23日]


■揚子江(新井三丁目)

揚子江マップ
新井3丁目、南行徳駅前通りよりも1本浦安側の道に面して、2003年に開店した上海料理の看板を出した中華の店です。(店の写真

一品料理は炒め物、冷菜、焼き物、揚げ物...など各種あって、あわびなどの材料自体が高い物を除いては、値段も500円〜800円程度が中心です。シェフは中国の人がやっていて味も本格的でした。

店内はカウンターとテーブルが3卓程度ですが、清潔に整えられています。

個人的には、夜なら一品料理を二品ぐらいとあとは麺類かご飯ものをとって、それにビール+紹興酒をやるという感じにちょうどいいと思えます。


■福満溢(相之川四丁目)

福満溢マップ
相之川4丁目、南行徳駅の北口広場からほんの少し北へ行ったところにある店です。(→こんな感じの店です。)

店は広く、テーブル数も多いのでゆっくりと座れます。また、メニューは一品料理から小皿料理まで数十種類以上があります。食事でも、中華の居酒屋感覚でもどちらでも入れる店です。

個人的には、この店で出している生ビールがアサヒの樽生なのが気に入っています。メーカーは樽生はみずみずしい新鮮な感じで大変に飲み口がいいものです。


■龍公亭(相之川四丁目)

龍公亭マップ
相之川4丁目、南行徳駅から南行徳公園方面に行ったところにある店です(写真

1989年(平成元年)に南行徳に引っ越してきた頃、2回入ったものの、その後ずっとご無沙汰になり、2011年の春に22年ぶりに入ってからときどき行くようになり、自分のお気に入りの店となりました。(ブログの日記→2011年3月4日参照)

店の建物も、壁に面した3席ぐらいのカウンターとあとはテーブル席数卓の店内(写真)も、街の昔からの中華屋といった風情です。ところが、実は龍公亭の本店は神楽坂にある明治22年創業の中華料理店・龍公亭で、南行徳のこの店はその暖簾分けの一つのようです(店の窓辺に置かれている神楽坂・龍公亭についての本の写真)。

今の時代の中華料理は、日本人がやっている昔からの街の中華屋、中国人がやっている中華料理の店、チェーン系の中華の店などいろいろとありますが、そのずっと前の時代からの店の流れを汲むだけに、料理も他の店ではなかなか見かけないスタイルだったりします。

お品書きにピーマン豚定食というのがあったので、どんなものかと思って注文すると、青椒肉絲のことでした(写真)。本格中華が世に広まる前は「青椒肉絲」という文字を見ても、どんな食べ物かイメージできなかったので、分かりやすくこうした名前にしたのでしょう。そのピーマン豚や、ニンニクの芽炒め(写真)も、あんかけふうの炒めものです。肉野菜炒め(写真)やニラ肉炒め(写真−この店では肉ニラ炒めではなくニラ肉炒めと呼んでいます)は、ちょっと深めのお皿に、たっぷりの炒め汁を一緒に入れて出てきます。これらは他ではあまり見かけないスタイルです。

また、麺類やチャーハン、定食類だけでなく一品料理もいろいろとあります。


(Newly added:1999年7月24日)
(Last updated:2016年3月21日)

資料目録へ玄関へ