資料目録へ玄関へ

和食、洋食、定食、とんかつetc.


行徳駅最寄り圏の店

■メイプル・・カレーとハンバーグの店 (行徳駅すぐ近く)

メイプル・マップ 行徳駅から線路沿い、南行徳寄りすぐ近くにあるカレーとハンバーグがメインの小さなレストランです。(→こんな感じの店です。(2009年8月初めに線路沿いの最初の店舗から約10m北側に移転しました。))

カレーは、エスニックのカレーのような辛いものではなく、街の洋食屋ふう。でも、昔の(30年とか40年前の)洋食よりはずっと凝っていて、いろんなスパイスが入っている感じのカレーです。

個人的にも軽くランチを取りたいときなど、ちょうどいい感じなので気に入っています。
メニューを見ると、夜はビールとのセットに出来るのもありました。


■大幸(行徳駅前通りと市川浦安バイパス交差点そば)

大幸マップ 行徳駅から行徳駅前通りを旧江戸川のほうへ歩き、バイパスを渡ったところにあるとんかつの専門店です(写真)。
この店ではとんかつに「登運勝」という縁起のよさそうな字を当てています(箸袋の写真)。

とんかつの専門店として厳選した材料を使っています。また、壁に掲げられたマスターの調理師免状を見ると1970年代の初めに免許が下りていて、そのベテランのマスターが揚げるカツやフライは、一度食べるとまた食べに来たいと思わせるものです。ただし、材料厳選ですから定食の店に比べると価格は高め。だから、あまりしょっちゅうというわけではありませんが、年に2、3回は行きたくなる店です。自分が住んでいるのが南行徳だからそれぐらいの回数になりますが、行徳駅最寄の地域だったらもっと行っているでしょう。

それから自分が好きなのは秋に登場するカキフライ(写真)。これは1年に一度は食べに行きたくなるものです。


■ほりき(行徳駅前二丁目バイパス近く)

ほりきマップ 行徳駅の北側、バイパス近く、弁天公園の向かいにあるとんかつの専門店です(写真)。行徳地区でも古くからあるとんかつ屋とのことです。

長く続き、支持されている店だけあって、素材も選ばれ、料理も丁寧に作られたものが出てきます。とんかつで店のウリになっているのが丸太(ひれ)(写真)となた切(ロース)(写真)です。どちらも分厚い上肉を使い、揚げるのに20分程度の時間を要するものです。丸太の定食で2,000円、なた切の定食で1,800円しますが(いずれも2012年5月現在)、それ以外に1,000円前後で手ごろな価格の定食がいろいろと用意されています。

人気店だけに休日の食事時間帯は入店待ち、空席待ちになっていることが多いのが自分にとっては難なので、主に行くのは平日の晩飯のときです。その時間帯なら待たずに入れることが多いです。

[2003年に初めて行ったときのレポート]


南行徳最寄り圏の店

■とんき(南行徳メトロセンター)

とんきメトロ店マップ 行徳には古くからあるとんかつ屋です。自分が引っ越してきた1989年当時は行徳駅周辺に3店ほどありました。その後、南行徳へ支店ができたり、行徳駅周辺は支店が消えて本店だけとなりました。そして2016年12月に本店が閉店して、南行徳メトロセンターのメトロ店(写真)だけになっています。

とんかつの店としてヒレカツやロースカツだけの定食もありますが、いろいろな揚げ物や焼肉類を盛り合わせにした定食が主体となっています。盛り合わせの定食を中心に価格を抑えて、昼食、夕食に気軽に入ることができる店となっています。

味のほうはというと長く続いている店だけあって、当たり外れなくきちんと作られた料理が出てきます。


■かつ壱番屋(南行徳駅メトロセンター浦安寄り)

(最初は「七福」という店名でオープンし、2003年6月に「天善」に変わり、さらに2008年3月に2店舗分行徳側に移転し、「天善 かつ壱番屋」という名前になりました。そして、2014年4月に改装し、看板に残っていた「天善」の文字が消え、「かつ壱番屋」という店名になりました。(→こんな感じの店です。))

天善マップ 店名のとおりカツ・フライ類中心の店です。丼ものやカレーライスなどもあります。
個人的には、南行徳あたりの定食屋ではここが一番だと思っています。
どこがいいかって言うと、定食屋だから、メニューはオーソドックスで、別に一風変わった料理があるわけでもないですが、何というか、一品一品がきちんとていねいに作られていておいしいということでしょうか。だから、どれを注文しても、あたり外れなく安心して味わえるというところでしょう。


■JI-NO・・欧風カレー(相之川四丁目)

JI-NO map 2015年の12月に相之川四丁目の、欠真間二丁目との境界になる道沿いにオープンした店です。(写真・・店の外観店内出窓のところ

これまで自分が食べたことがある欧風カレーは、いずれも辛いものでしたが、この店のカレーは甘いものです。店内の黒板にはどういうふうにして作ったカレーかが書かれています(写真)。

もっともメニューには甘口から普通の辛さ、辛口、激辛とあります。でも、激辛でもそんなに辛くはありません。自分も辛口、激辛を食べてみましたが、そうするうちにこの店のカレーは普通の辛さので手づくりの味をじっくりと味わうのがいいと思うようになってきました。

カレーはディナータイムはルゥとライスを別の容器で(写真)、ランチタイムはライスにかけた形(写真)で出てきます。

アルコール類とおつまみ向けの一品料理もある程度は用意しています。どちらかというとチョイ飲み向けでビールも小瓶です。(写真・・ビールのうちハートランド小瓶、一品料理でチキンステーキ

・初めて行った日のブログの日記(2015年12月5日)
・2回目に行った日のブログの日記(2016年2月24日)

(2016年8月26日Newly added)


●閉店した店

■キッチンマーガレット

欠真間のバイパス沿いにあった個人経営の店で、500円〜600円程度の定食が中心の店でした。安いし、けっこうおいしいし、気に入っていたのですが、2004年頃に閉店しました。

■カレー屋レストラン印度
■Curry Kitchenカシミール

行徳駅南商店街に2009年6月にカレー屋レストラン印度の名前でオープンし、同じ年の10月頃からしばらく休業ののち12月からCurry Kitchenカシミールの名前で再オープンしたカレーの店でした。辛いカシミールカレーがおいしかったですが、あまり客足が伸びなかったのか2010年2月頃閉店した模様です。

■大谷亭 (南行徳公園そば)

南行徳公園のそば(北西側)に2008年の5月にオープンした定食の店でした。食材の産地にもこだわった健康志向の意欲的な定食屋でしたが、2011年9月25日をもって閉店しました。

■洋風食堂壱番亭(南行徳駅メトロセンター浦安寄り)

天善 かつ壱番屋と同じ系列で、天善がかつ壱番屋となって移転するまであった区画に2008年12月にオープンした店でした。かつ壱番屋と競合しないように洋食メニューが中心でした。2011年10月に改装し、食事の店から、台所酒家だんらんという名前の居酒屋に業態を変えました。


(Newly added:1999年7月24日)
(Last updated:2016年12月25日)

資料目録へ玄関へ