資料目録へ玄関へ

行徳の『食堂』食べ歩き


食堂の看板 サイクリングに出かけて東京近郊を離れれば離れるほど、食事をする店を見つけることが難しくなります。農村地帯だと店はほとんどないし、市街地でも少ないのですが、そんなときに出会うことが多いのが『××食堂』という店。
そういう店で食事をとるのはトラックの運転手さんや工事現場のおじちゃんたち、漁港の近くなら漁師さんたちなのですが、主にそうした人たちが客なので食べ物も大味なものが多いです。まあ、こちらもサイクリングで体力を使っているので実際、そういうもののほうがありがたいです(笑)。

さて、そうした食堂で食事をして、ふと思ったのですが、行徳には『××食堂』という店はあるのだろうかと。都市部だと下町には多いのかもしれないですが、それ以外の地域だとあまり見た覚えがないのですね。
そこで、「行徳カタログ」の2001-2002版(明光企画)で調べてみると、定食屋がいろいろとある中で、『××食堂』という店は何と4軒もあることが分かりました。

その4軒の食堂、どんな感じの店か、どんな味か食べ歩いてみました。
(なお、値段やメニューその他の情報はいずれも各店に食べに行った日時点のものです。)


■丸平食堂(南行徳4丁目南行徳駅前通り沿い)

丸平食堂
食べに行った日:2002年3月9日
食べたもの:日替わり定食(この日はカレーライス) 600円

まずは、南行徳4丁目のハイタウン塩浜に入る手前にある丸平食堂です。

4軒の中では一番大衆食堂っぽい感じがした店です。壁に貼られたメニュー以外に小鉢類がカウンターの上や冷蔵ケース内に置かれていて、食べたいものを自分で取ってあとでまとめて精算するという、半カフェテリアの形をとっています。
日替わり定食(丸平食堂)
さて、今回食べたのは日替わり定食で、この日はカレーライスでした。
家庭料理のカレーライスという感じのものでした。

マップ:丸平食堂
メニューをずらっと眺めても、一番高いのは850円だったです。定食屋の価格帯はこういうところが多いですね。


南行徳の駅からは遠いですが、幹線道路沿いだしハイタウン塩浜の手前なので利用者は多いのではないかと思われます。営業時間の掲示を見ても、平日で朝の7時から夜の9時となっていましたから。


■あまぎ食堂(幸1丁目「ガーデナ通り」沿い)

あまぎ食堂
食べに行った日:2002年3月30日
食べたもの:メンチカツ定食 700円

次に行ったのは幸1丁目にあるあまぎ食堂です。妙典駅からしばらく行徳方面へ行ったところで交差する幹線道路−地元の商店会が「ガーデナ通り」と名付けている道へ入って海側へ1.3km、住宅地が尽きてガーデナ通りがS字カーブを通って湾岸道路へ向かおうとする手前にあります。

「行徳カタログ」では”あまぎ食堂”と”食堂”の字が入っていたのですが、店の看板やのれんには入ってはいませんでした。でも、そうしたリストに載る名前だから、やはり”食堂”と入るのが正式なのでしょう。
メンチカツ定食(あまぎ食堂)
さて、今回食べたのはメンチカツ定食。
こうした定番の揚げ物はどれくらい丁寧に作られているかでおいしさが決まると思っているのですが、脂っこくて腹にもたれるということもなく、おいしく食べられました。

マップ:あまぎ食堂 店内はきちんと整えられていて、雑然としたところもなく、感じはよかったです。奥さんがかなりしっかりと店内に気を配っているというところでしょう。やはりそういう店は、料理もきちんと丁寧に作ったものが出てくるのですね。

なお、営業時間の掲示は見つかりませんでした。あしからず。


■まつば食堂(福栄3丁目市川南消防署の通り沿い)[閉店]

まつば食堂
食べに行った日:2002年4月29日
食べたもの:ほうれん草卵炒め定食 750円

さて次は、福栄3丁目のまつば食堂です。南行徳駅からも比較的近いところで、市川南消防署の通り(妙典の方ではそちらの商店会が「カリフォルニア通り」と呼んでいる道)に面してあります。

ご夫婦でやっておられる店のようで、店内はきちんと整えられていました。ここも味には期待できそうです(^^)。
ほうれん草卵炒め定食(まつば食堂)
メニューを見ているとほうれん草卵炒め定食というのが目について、それを注文しました。普段から野菜類の不足を感じているので、そういうメニューがつい目についてしまいます(笑)。
そして、炒め物だけれど油が多すぎることもなく、おいしく食べることができました。

マップ:まつば食堂 メニューには食事以外におつまみものもいろいろとあって、お酒を飲みつつ食事もできそうです。
営業時間は開店は出ていませんでしたが、終わりは夜9時でちょっと早めです。それにつまみメニューが多いとはいえ、「お酒を飲まれる方は他のお客様の迷惑にならないようにお願いします。」なんて貼り紙もありました^^;;。


■笠間食堂(関ヶ島行徳街道沿い)

笠間食堂
食べに行った日:2002年5月4日
食べたもの:肉入り野菜炒め定食 650円

最後は関ヶ島の行徳街道沿いにある笠間食堂です。古くからの町である旧道沿いにこそ『××食堂』という店がもっとあるのではないかと予想したのですが、この1軒だけでした。

この笠間食堂、他の3軒と違うのは中華料理の店というところです。でも、定食屋でもそば、うどんにラーメン類、炒め物などがあることが多く、メニューとして全然違うということもないのです。
肉入り野菜炒め定食(笠間食堂)
さて、中華料理ということで、その中で一番定食っぽいと思われる肉入り野菜炒め定食を食べてみました。食事メニューをやっているラーメン屋だと”肉野菜炒め”と呼ぶことが多いので、”肉入り”と付けているところが昔からやっている店らしいです。

やはり中華であるためか、ちょっと大味で辛目でした。体力使ったときなどは、これが効きそうです。

マップ:笠間食堂
店はご夫婦でやっておられるようで、店内は古くてあまり広くはないですが、きちんと整えられていました。

営業時間の掲示は見つかりませんでしたので、あしからず。


(Newly added:2002年5月12日)
(Last updated:2016年12月25日)

資料目録へ玄関へ